間取りや部屋全体の広さをチェック

家具を置くスペースを測っておく

不動産の方と内見に行く時、当然ながらマンションには何も置かれていない真っ新な状態です。そこでまず最初に悩むポイントの一つが家具の配置となります。運び込む家具達を想像しながらメジャーで横幅、高さ、奥行きを測るのですが、ここで忘れてはいけない重要なポイントがあります。まずエレベータが使えなかったりすると、階段を使った重労働になり計画通りにことが運ばないことがあるため、エレベーターも忘れずに計測しておきましょう。次に重要なのが玄関です。中に気を取られ過ぎるとよく忘れがちになってしまうのですが、限られた入り口となる玄関を測り損ねると、後々の悲劇につながります。きちんと目一杯まで扉を開けて計測を行うようにしましょう。

間取りで日当たりを確認する

理想的な日当たりの一例として、夏は日が差し込まず涼しく、冬は日が差し込んで暖かい。と言ったものがあります。人それぞれのライフスタイルによっても千差万別ですが、夏場は太陽が高く上がり、冬場は低く軌道を描くため、なるべく高い階層は避けるのも一つの手です。とは言っても、周囲の環境や季節、晴れの日も年柄年中あるわけではないので、完璧に把握するのは難しいことと思われます。マンションの一室を契約した後に、気に入らないからとすぐさま引っ越しすることはなかなか厳しいかもしれませんが、遮光シートやすだれ等を利用することで対応できないこともありません。もし不安に思われるなら、短期契約のお試し住みと呼ばれるサービスもあるので、感覚を掴むためにも利用してみるのはどうでしょうか。

© Copyright Convenient Apartment.All Rights Reserved.